2016_08
12
(Fri)14:56

2016年夏・九州リベンジツーリング2

pso20160812_140646_008-1.jpg

どうもやしちです。
8月のアプデでカメラ目線+表情が可能になったのはとても素晴らしいですね☆
しのぎさんの上から目線が捗りそうです。

さて、九州ツーリングの続きと参りましょう。
日が落ち暗くなったキャンプ場は、パチパチと薪の燃える音と周囲のキャンパーの団欒
静かなものです。

P7280104-1.jpg
徐々に星が煌きだしました。

今回挑戦してみたかった星空撮影。
なかなか上手に出来ずに悪戦苦闘の末、がんばった!がんばったよ!おとうさん!という一枚が


P7280107-1.jpg
ぐぬぬぬ・・修行が必要です。
真っ暗の中でもこれだけ明るくなるっていうのも勉強になりました。 
真っ暗の中えっほえっほとバイクを動かしたりw三脚立てたりw
お隣りのお子さんはさぞ不思議だったでしょう・・

キャンプ場の夜は、さしてすることもなし。
早々におやすみしました。

そして翌朝、朝露で外に置いてあるものがビショビショに濡れているのにビックリ。
いやはや・・これほどとはw
とりあず甘めの紅茶でも入れて、目を覚ましましょう。

P7290109-1.jpg
ラッピーティーバッグを持ってきていたのでw
ラッピーとモーニングティーです☆かわいいw

日が高くなる前に今回のメイン目的地へ出発!!
P7280089-1.jpg
青い空、白い雲、広がる緑の草原に走るどこまでも伸びていく道 

ヒャッハァー最高だぜ~

ただただ広がる緑の風景に驚きました。
ここをこんな風に遺そうと言った人は、とても偉いですね。

P7290110-1.jpg
大観峰

今回のツーリング最大の目的地


P7290123-1.jpg 
P7290117-1.jpg
黄昏てしまいます。

小一時間ばかりこの風景に酔いしれて、このあとどうしようかなーとか考えていました。


走る以外ほとんど考えていなかったのでww

ツーリングマップルを見ながらキャンプ場と大観峰周辺で行けそうな場所を探して―
面白そうな場所を発見!来る途中通っていた場所でしたw

P7290145-1.jpg
鍋ヶ滝

なんと!滝の裏側にいける名所として有名なのですが、
高千穂同様に、増水やらの影響で現在は表のみ。

う~ん残念。
滝の裏側にいけることなんて滅多にないのでそこから見える風景が気になりますね。

鍋ヶ滝 - じゃらんnet 

じゃらんさんに口コミや写真がありました


マイナスイオンをたっぷり浴びて、ラムネを飲んで!お次は!!
P7290132-1.jpg
おっふろおっふろお風呂~

実は前日水浴びで終わっていたので、温泉入っちゃうもんね>x<って決めてましたw
「黒川温泉」
全国屈指の人気温泉地として知られ、2009年版ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで、温泉地としては異例の二つ星で掲載された[1]。なお 「黒川温泉」の名称は2006年地域団体商標として商標登録(地域ブランド)されている。 Wikipediaより

案内所のような場所で、オススメのお風呂を紹介してもらいました!!
離れのお部屋が特徴的なお宿にある日帰り湯にお邪魔しました。
内風呂と露天と選べるとのことで、最初露天かなぁとか考えましたが、内風呂のこの雰囲気がとても気に入りましたw
しかも貸切状態ですよ~w

昨年行った別府のお風呂も良い所でしたが、こちらもなかなかw
TOP3に入る良いお風呂でした!!!

そのあとお風呂の案内場にいたおばちゃんとお話したり、お茶ごちそうしてもらったりw
お昼食べていって!!てランチオススメしてもらったりw
九州の温かみに触れた時間でした。

この日の夜は小雨がパラついたりと、テント内で過ごすことになったので
お隣りさんが「え?ライダーさんもう寝たの?」ってヒソヒソ言われるくらい
早めに休むことになりましたw

つづく


 
  


  
スポンサーサイト
2016_08
11
(Thu)14:00

2016年夏・九州リベンジツーリング

pso20160805_223045_006-20160805.jpg

すっかりご無沙汰のやしちです。
正直に申しまして、文字を打つ気力がございませんでした。

今後もゆるゆるりと好きなことを好きなように残していきたいと思います。

てことで、行ってまいりましたよ!きゅ~しゅ~ヽ(*´∀`)ノ
昨年のリベンジですね。雨でどっこも行けなかったですからね!!

今年はフェリーを使って九州入りをし、各方面を回っていくスタイルを取りました。
P7270076-1.jpg
夕暮れを眺めながら神戸の港を出港しました。

個室の二段ベッドを初めて利用しましたが、想像よりずっとキレイで不快感はなかったです!
これから野宿しようって人には、快適さなんてそうそう大きな問題ではないですねw

早朝に大分港に着いた私は、真っ先に一番遠い目的地を目指して走り出しました。
阿蘇の西側の麓を少し走りましたが、一部道路の崩落があり
車両制限による通行規制がなされていましたね。

目に見えて大きな被害を感じませんでしたが、所々には爪あとが残っていました。

さて、到着したのは「高千穂峡」
一度は写真なんかを目にしたことがある場所ではないでしょうか?

P7280083-1.jpg 美しい景色でした。

非常にチープな感想ですが
「マイナスイオン超感じるってマジで」(*´∀`)
そんな場所ですね。
本来貸しボートで、この渓谷を下から見ることも出来るそうですが、
梅雨の影響でか、増水のため不可になっていました。
残念。。。

初めて訪れた場所だったので、近隣をさくっと散策できるくらいの名所かな~とか
勝手に思っていましたが、色々と歩き回ったり、バス使ったりして巡るようで・・・
あまり長居するわけにもいきませんし、この景色を見れたこと。それでいいんです。

高千穂より2時間ほど走ってキャンプ場へ
当初予定していた場所がダメだったので、急遽探しました!

道路崩落のため迂回・・迂回・・あっちいって~ぶいんってなもんで
どこを通ったかなんて全く!!これっぽちも!!!覚えてません。


到着したのがこちら
KIMG1289-1.jpg
アウトドアメーカーであるスノーピークさん直営
「snow peak 奥日田キャンプフィールド」

標高950mほどとのことですが、なかなかに激しい道でしたw
ツーリングマップルにも酷道だの、ガレてるだの書かれていたのでww

このキャンプ場、スノーピークさん直営ってことで
KIMG1287-20160728.jpg
アウトドアグッズがこんなにも!!ただ食品などは置いてません。
氷はありましたけどw  

アイテム沼にはまりそうになりますねw買ってすぐ使えるわけですから・・

そしてサイトへ。今回はフリーサイトに張ります。
車両も乗り入れできるので助かりますね!

P7280093-1.jpg
夏に行かれる方は、タープ必須ですよ・・これホントに・・シャレになりません。
木がないんですよ。標高950mとはいえ、めちゃくちゃ暑いです!! 
日陰作ったほうがいいですよ・・と先人のアドバイスを残しておきます。
まぁあとは携帯の電波が全く入らないってことくらいですかねw不便なのはww

薪を割って、火をおこし、ボっーっとして、寝る。
KIMG1321-1.jpg
そんな自然に身を委ねた時間が私は好きです。

ネトゲプレイヤーでありながら何言ってんのwって感じですが、
一人で生と向き合うことはとても良いことだと思っています。

そして食事をいただくわけです。
KIMG1293-20160728.jpg
今回は牛としいたけの串焼きとご飯というシンプルなものにしました。
見事に串が焼けましたけどね!!

ビールを飲み、肉を食らい、薪を足して・・暑い。

時間が経ちゆっくりと日が落ちていくのを待つのです。  


つづく





2016_05
15
(Sun)14:25

ちょっと淡路に行ってみよう

pso20160511_220940_009-20160511.jpg

休みがあるとブログが書ける>x<
どうもやしちです!!

大和実装でSSも撮ってありますし、何か書こうかなぁと思っていますが
まぁなんていうか、アプデ情報系はそっち方面の人がすぐ上げていただいてますしw
ということでまたまたツーリングブログです。


ロングツーリングの後は日帰りプチツーがしたくなる。
島根に鯵を食べに行こうかしら~とかうどん国まで行っちゃおうかなーとか。
プチツーと言いつつ割と走る気満々だったりw

結果淡路島に落ち着くというか。収まるべきところに収まったというか。
とりあえずの目的地は、「道の駅うずしお」 高速を使えば1時間掛からずくらいで行けてしまうので
ここはあえて!!下道でじっくり走ることを楽しみましょう!!

KIMG1109-20160514.jpg
出発は「道の駅あわじ」

ここから淡路島東側海岸線の28号線を延々南へ走っていきます。
走ったことなかったので、どんな道かなぁ~w海岸線にある山越えとかあるかなぁ~と期待していました。
が・・・予想以上に整備された海岸線。走りやすいことこの上ないですねw

どこかで写真でもと思いつつ風を切って行きました。
特に撮れる場所もなく・・・

KIMG1125-20160514.jpg
鳴門海峡を一望出切る人気スポット「道の駅うずしお」に到着。

下道でも1時間半程度で着いてしまうww

ちょうど11時半と混む前のお昼にちょうど良い時間だったのでご飯にします。





海の幸も山の幸もあるなかで、一人でゆっくり食べれるものがいいなぁと選んだのはこちら!

KIMG1113-20160514.jpg
あわじ島バーガーの1日10食限定!
「厚切りビフカツバーガー」ドリンクxオニオンフライのセットでお値段約1700円

悩んだのよ・・・あわじオニオンバーガーとかさ。色々あったんだけどさ
厚切り!!ってのに食指がねww

KIMG1121-20160514.jpg
いきなりかぶり付ける訳もなくwまずはその厚いカツをいただきます!!
ほろりと解ける肉の繊維から溢れ出す旨味。そして、その旨味を際立たせるコクと酸味のあるソース。
美味い。

また絶景を見ながらの食事ですよ。穏やかな風、照りつく太陽、暑い。
KIMG1117-20160514.jpg
オニオンリングもデカイ!!!サクサクの衣の中からあまーいタマネギがちゅるりとww


たまらん!辛抱たまらん!!

KIMG1123-20160514.jpg
バンズに挟んで一気にかぶり付いてしまいましょう!!
バンズ、野菜、そしてマスタードの味わいも加わって最高ですヽ(*´∀`)ノ

手も口も汚れることなんて気にせず頬張って~>X<ウマイ


1700円でも大満足ですね!


お腹がいっぱいになったので、少し周辺の散歩をしてみる。
KIMG1133-20160514.jpg
いい天気、心地よい風、ベンチ・・・

1時間ほど寝ました・・・。



さぁ今度は西側の海岸線を使って帰ります!!

KIMG1135-20160514.jpg
島周辺の海の水はとっても綺麗でした!
須磨の海岸とかなんであんなに汚いんや・・・。

KIMG1141-20160514.jpg
ひたすら続く海岸線
西側の方が楽しいかもしれないw


多賀の浜海水浴場にて少し休憩をして海とR25の写真を撮っておきました!
KIMG1143-20160514.jpg
KIMG1145-20160514.jpg
ふふふw相変わらずカッコイイですw

余裕とお金が出来たらペイントに手を出してみたいですね!
どんなカラーチューンが良いでしょうか??痛車はちょっと勇気がないですね・・・。
ヘルメットの六芒シンボルで満足ですw

サンセットラインということで夕日が綺麗な道なのでしょうか。
まだ2時過ぎだったので、夕日を望める時間ではありませんでしたが
また改めて夕日を見るツーリングをしたいと思います。

KIMG1147-20160514.jpg
そうしているうちに海の向こうに都会が見えてきました。

淡路島一周もそんなに時間は掛かりませんね!!

風が強いと後悔をすることもありますが、この日は最高のコンディションでした。

帰ってきてからの疲れも程よく、走ったなぁという満足感もありました。

走行距離209.8kmのツーリング素敵でした。

KIMG1149-20160514.jpg
そして、岐路途中に10000kmに到達。

次はどこへ行きましょうか。
2016_05
08
(Sun)12:36

2016年GW信州ツーリングLast

pso20160508_021601_121-1.jpg

「またサボってる!!ちゃんと授業出てよね!!」
「イインチョウッセー」

的なコントをしておりました。東京拠点はSS拠点かもしれません。
5月フレンドミーティングの模様は、また追って・・・ということで


GWツーリングの最後を綴りましょう。
あ、やしちです。どうもです!!


KIMG1071-1.jpg
川のせせらぎか心地よい「野俣沢林間キャンプ場」にてキャンプを張った二日目。

近隣に温泉施設があるとの表示が出ていながら、探すこと15分。
無い

近くにいた農家のおばあちゃんに聞いたところ、とっくに廃業しているそうで・・・
塩尻IC近くのスパ銭で汗を流しました。よいキャンプ場でもお風呂は近くに欲しいよね・・。

暗くなる前(17時)頃に戻り、夕飯の支度を始める。
空は青いのにポツポツと雨が落ちてきました。さして気にする程度の雨ではなかったので気にせずにいると。

「あのー良かったらウチの方に入りませんか?」

(゚∇゚ ;)エッ!?

お隣にいたファミリーキャンパーのお父さんが声を掛けてくれました。
お父さんの横で興味津々の眼差しで、こちらを見つめる少女(4歳くらい)がとても可愛い。

サクッと料理を済ませ、お隣のタープへお邪魔する。

少女「なんで一人なのー?」
少女「絵描いたのみてー」
少女「キャッキャキャッキャ」

とりあえずそこの娘さんが絡んでくるw

大きな焚き火の火に当たり、ウィスキーを飲む。
旦那さんと奥さんと旅の話をしたり、バイクの話、キャンプの話・・・・

冷え込んで来た夜のなか酔いと楽しい会話がとても暖かい。
氷点下まで下がることはなかった夜だったけど、寝れる夜でした。

―翌朝

特に行き先も決めていなかったが、とりあえず高山方面(安房峠経由)を予定。
早朝からテントをたたみ、バイクに積み直す。

お隣のKさんご一家も起きてきた頃には、あらかた片付けは済んでいた。

少女「どこいくの?」
や「トイレだよw」
ついて来る・・・

少女「どこいくの?」
や「手洗って来るんだよw」
ついて来る・・・

少女「もういっちゃうの??」
や「うん・・そうだねぇ・・」
少女「まだいっちゃやだー」
抱きつかれる・・・

コンクリブロックに腰を掛けたまま、少女の頭を撫でてあげる。
(こりゃーどうすればよいのだろうかー)
奥さんも「あらあらwこんなに気に入られる人初めてですよww」とニコニコ笑って見てるだけである。
旦那さんは「写真撮っておこうパシャッ! Σp[【◎】]ω・´)」

約30分少女に抱きつかれたまま出発出来ずにいた。
心を鬼にして・・・去る!!!

や「おいちゃんね。そろそろ行かないとダメだから・・。また遊ぼうねw」
少女「いっちゃうの?またあそんでくれる?」
や「いつかきっと!いい子でいるんだよ」

Kさん一家に見送られながら旅立ち。しばらくは、思い出し笑いが止まらなかったw

塩尻から高山方面に抜ける野麦峠
徐々に標高を上げて行くと、また寒さがやってくる。
KIMG1075-1.jpg
安房を超えてやってきたのは、平湯。
温泉郷としても名高く、上高地や乗鞍へのアクセスの良さから人気の場所でもある。


KIMG1077-1.jpg
もちろん日帰り温泉もあったりします。近くには平湯キャンプ場もあります。
ここで張ることも当初考えたこともありましたが、11時時点で7℃である。

凍え死ぬわ・・・

平湯に来たのは昔来ていた思い出に浸るためだけ。
道の駅で簡単に食事を済ませて通り過ぎました。
KIMG1079-1.jpg
五平餅と岩魚の塩焼き

岩魚は尻尾から骨、頭まで丸かじり出来て美味しかったですw


そのまま通り過ぎようかと思いましたが、滝があったのを思い出し―

KIMG1095-1.jpg
平湯大滝へ

真冬には凍りつく(らしい)立派な滝です。
真夏に来ると、マイナスイオンやべぇキモチイイイイイイってなります。


KIMG1097-1.jpg
この辺りは天気も変わりやすいので、そそくさと下山。

高山か下呂か。でゆっくりしようかなと思っていましたが
高山が大渋滞。市街地はビタとも動くことが無く・・・逃げに逃げて・・・東海北陸道を走っていました。

どこで降りてイイかわからず。たどり着いたのは名古屋駅。

まぁ名古屋駅でキャンプ出来るわけも無いので、大人しくホテルに入りました。
渋滞の疲れもあり、2日ぶりのベッドは最高に気持ちよく。速攻で寝ていましたね・・w


神戸を出発し、3泊4日のツーリングでした。凍える夜も少女との楽しい時間もR25と駆け抜けた道も
最高の旅となりました!!九州へリベンジツーリングが出来なかったのは残念ですが、必ず行きましょう。
抹茶さんにうなぎをおごってもらうためにも!!!

というわけで総括。
全工程で1214.3kmの旅でした。
無題

結構走ってましたねwwやっぱ長野は遠いですわーw

後半は携帯の充電も死に掛けてたので写真少なめでした。
今年の夏はまたキャンプツーリングに行きたいと思います。

どこか旅先での楽しい出会いに期待して。

それまでPSO2でアークスライフを楽しみたいと思います!

では
ノシ
2016_05
07
(Sat)09:24

2016年GW信州ツーリングpart3

pso20160505_223338_064-20160505.jpg


GWも残すはあとわずか。やしちです。
愛車の洗車をしてあげないといけませんねw


KIMG1033-1.jpg
美ヶ原高原から松本方面へ
アスファルトもひび割れ、松の葉や枝がゴロゴロしている林道を駆け下りていきます。

美ヶ原スカイラインは、交通量も少なくゆったりと降っていける道でした。
こぶし大の石が転がってたりと結構危ないところもありましたしw



標高2000mから市街へ一気に降ると急に暑さが身に襲いかかってきました。
KIMG1045-1.jpg
とりあえず松本城で休憩です。


決して大きなお城ではありませんが、存在感のある。「これぞ城」って感じです。
周辺でお昼をと思い、駐車場のおじさんにイイお店ないですかー?って聞いたりしましたが
帰ってくるのは蕎麦屋ばかり・・・・初日に蕎麦食べたし・・と今日のお腹と相談をする。

腹「暑いし蕎麦でもいいよー」

混みだす前にささっとお店に入ってしまいましょう。
KIMG1043-1.jpg
てことで、ざるそばーヽ(*´∀`)ノ

家じゃあんまり食べないし、ここで美味い蕎麦をいっぱい食べておきましょうw

お腹を満たして、本日の夜をどう過ごすか・・・。
標高はだいぶ落としたし、日も暑い。夜の冷え込みは昨晩ほどでもないかな?
色々な思いを巡らせ、幾つかキャンプ場をピックアップ。

キャンプを張ると心はそちらに向いているものの、体が覚えている。あの寒さを・・・
バイクに跨ってからしばらく体が動こうとしませんでした。

ここで悩んでいても何も進まない。スロットルを回さないとこの先に行けない。


KIMG1057-1.jpg

目指すは「野俣沢林間キャンプ場」

朝日村にある村営のキャンプ場みたいです。近づくにつれて車も少なくなっていきます。
道端に咲く花がとても美しくて、田舎を走る気持ちよさを思い出しました。

KIMG1059-1.jpg

今日はここで寝る!!ここで寝るぞーヽ(*´∀`)ノ

KIMG1067-1.jpg
サイト料1000円と施設料1000円が必要ですが、薪は自由に持っていけるし
かまどに出来るブロックが置いてあったり、水場も綺麗でした。

サイトの横に流れる川の水がめちゃくちゃ綺麗!!

今年はフリーサイトでしたが、今後は区画整理されたオートサイトになるようです。
もうここは来れないかもしれないですね・・。

KIMG1069-1.jpg
あと近くにお風呂がないので、来る前に済ませておくことをオススメします。
私は塩尻ICまで戻りましたから・・・

楽しいキャンプ2夜目の開始ですぞー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。